【あるある?】自分のゲーム実況が好きだけど嫌い

スポンサーリンク

私はYouTube等の動画投稿サイト、配信サイトで
ゲーム実況をやっている者で、
はつみ と申します。

今回は、ゲーム実況をしている中で私自身に対してよく感じることを書いていきたいと思います。

結論としてはこちら↓

  • 私ってマジで逸材中の逸材なんじゃねと思うくらい面白いと思う。
  • 私ってマジでワンパターンでめちゃくちゃ面白くないと思う。
  • 少しでも面白いと思ってもらえるように、自分の幅を広げていきたい。

私と同じようにゲーム実況をしている方にとって、「あるある~」だけじゃなく、
「それはそう思う」とか「それは違う」とか、更に「じゃあ私はこうしよう」といった感じで、
この記事が何か考えのきっかけになれれば非常に幸いに思います。

では、いきましょう。

自分が思う自分の面白さについて

私は、楽しい時は楽しいテンションで喋り倒すし、
ゲーム進行がダレている時でもガチャガチャふざけたことを喋ります。
キャラクターのセリフが視聴者に入ってくるようにセリフを読み上げながら、合間合間に茶々も入れて、
要所要所でシーンごとの要約や自分の考えや感想を喋ります。
かなり勝手なことを言いますけど、(既に言いまくってますけど)
ゲーム実況動画の基本みたいなところを、私は抑えられている気がします。

しかも私は配信を始めてから終わるまで延々それを続けるし、
感情の+方面の振れ幅が大きいし、
コメントを全部拾って、できる限り視聴者とコミュニケーションを取るし、
チャンネル登録者数300程度の人間の割には、かなり面白い逸材なんじゃないかなと思っています。

そして更に、今書いたこと↑↑を生配信でやるだけじゃなくって、動画を編集してお出しすることもできます。
編集する際は動画の構成をしっかり考えて作るし、
動画の内容も「やってみた」系の突き詰めたようなプレイの動画とか瞬発力系のショート動画とかシリーズものとか作るし、
何ならゲーム実況動画にこだわらず、動画を作ります。
動画を製作する際は、何でもかんでもとにかく適当に乱発するわけじゃなく、
ある程度考えながら、自分が面白いと思えるラインは必ず超えるように、
そしてチャレンジした動画を生み出すよう活動しています。

きっとそういったところが高評価として形に表れていて、
配信も動画も、再生数の割に高評価を結構いただけている方なんじゃないかなと思っています。
いやー逸材逸材。逸材だと思いますわ私は。ね。

……とまぁ自分の好きな部分を滅多撃ちしたところで
「そうは思いながらも、私はマジで私のゲーム実況が嫌い」という話を書きます。

自分がマジで面白くないと思う点について

さぁ私的にここからが本題。
まず私って、喋って叫んで実況し続けるタイプなんですけど、
結構ワンパターンなんですよね。言うことが。

ここ最近、YouTubeでもTwitchでも小まめに配信を行っているわけなんですけど、
だんだんと自分の配信を見返すことが減ってきました。毎度毎度、内容や空気感がほぼ同じなので。
それが「はつみの生配信」ということで、自分自身のブランド化を方向性として考えている私としては、
それはそれで良いことなのかもしれないですけど、
これがひたすら提供されるYouTubeチャンネルって、追い続けるにはしんどいものがあるし、
これがひたすら配信されるTwitchのチャンネルって、暇つぶしには辛い感じがある
と感じています。
ストレートに書くと、「見てる内に、だんだんと飽きてくる」と思っています。

私は同じこと(ゲーム内の戦闘とか素材集めとか)を、ひたすら繰り返す配信をよくやるんですけども、
それを見ていて飽きることがないよう私が喋り倒すチャンネルこそが「私のチャンネル」なんだと思っていた時もありました。私の色みたいなね。
そうした考えや方向性も間違ってはいないのかもしれないんですけど、
やっぱりそういう配信ばっかり提供されるチャンネルってしんどいなぁと思います。

それを解決するためには、編集した動画を小まめにアップロードする(配信で提供しているものとは、違う空気感のものを提供する)ことが1つあると思いますし、
配信中でも楽しめるよう、私の喋りを工夫するとか、
そもそもとっととクリアして次のゲームをやるとか、
方法はいくつかあるように思えます。

しかしまぁ、今年の年明けくらいから、シリーズものの動画を作ってるんですけども、
編集している中で自分の喋りを聞いていて、だんだんと本当にしんどくなってきていて、
ちょっと編集方法に頭を抱えています。
(撮り直しではなく、編集でごまかしたい……だから今時間がかかっているし、ここからも、今作っている動画をお出しできるまで時間が要ります)

だから、根本的な一番の改善策は「自分の喋りをもっと進化させる」ことなのかもなぁと思います。

ここでまたVTuber(ニコニコ動画出身者)はマジすげぇわって話を1つ

※ここの章は、私がインターネット上で見た情報を基に考えた、妄想であり感想です。
 内容はマジでご勘弁ください。あらかじめご容赦くださいお願いします。

何か私の配信を、少しでもバラエティに富んだものにできないかと思って
VTuberのアレコレを調べていたんですけども、
その中で見つけた、この白銀ノエルさんに関する色々な話というか噂。
ちょっとマジですごすぎて私は震えました。

※この配信↑↑は最近されたものを貼り付けているだけで、私が書く話には一切何の関係もないです。ごめん。

この方、インターネット上で見た情報によれば、
小学生だか中学生だかからニコニコ動画で配信をし続けていて、
そこからVTuberになったらしいです。
配信歴で言うと15年とか16年くらいなのかも??結構なベテランさんです。

で、ここからがマジのガチですごすぎて私が震えた話なんですけど、
VTuberをやりながら、元々活動していたアカウントは削除することなく、そちらでも活動を続けていて、
そして成人してからそのアカウントでエロ配信をし始めるようになって、
今では放送ギリギリのところまで自分の体を露出して、ディルドだのローションだの使いながら
めっちゃ良いマイクで耳舐めやらエロい音のASMRを配信していて、
「千」とか「万」の単位で課金するとそれを視聴することができるシステムを構築していらっしゃる。
その噂のサイトがこちら??↓↓

Canan official fanclub

ニコニコ動画のコミュニティの延長みたいな位置づけなんですかね??
で、この辺りの活動で2億くらい稼いでいるとか何とか。月なのか年なのかわかりませんし、
そもそもその金額がどういう根拠なのかもわからないですけど。

いや、まずね。
子供のころから今でも配信をし続けているところもすごいんですけども、
自分のアカウント以外にもVTuberの道も開拓して、そちらも人気を博して活動していくところもすごいし、
ただ漫然と活動を続けているわけではなくて、
その活動の中で自分のやりたいことや武器(供給方法)を考えて、自分のファン(需要)にぶつけて、
さらに活動の幅を広がらせながら躍進していくところもすごい
し、
たぶんこのファンサイト↑↑って、VTuberの人気が爆発的に出て、そのVtuberの中身ってこの人なんじゃね?って話になって、その中身であるアカウントに注目が集まったからこそ、このニコニコ動画のコミュニティに加えたプラスαなシステムを構築されたんじゃないかなって思うんですけど、
そういうビジネス展開(マネタイズ)も考えられていてすごい。

で、その結果、自分の元々のアカウントで億稼いで、VTuberとしての活動でもお金を稼いで
「やりたいことをして生きていく」をしっかりと体現しながら、すごい多くのファンを楽しませていくわけでしょ。

ぶっちゃけ「化け物かよ」って思いました。エンターテイナーの化け物。良い意味でね。

生きていくために金は当然必要なんですけども、それをエンターテイメントでしっかり稼いで、
生まれた時間や労力をエンターテイメントに注ぎ込むサイクルができていて、

もっと言えば、最悪こっちの仕事がポシャッても、こっちの仕事で稼げるよねみたいな、
金を稼ぐルートを複数確保してるところもマジですげぇと思います。

急に活動停止だの卒業だのならざるを得ない展開だって可能性としてありえるわけだから、そういう考えは大事だと私は本当に思うんですけども、
何にせよ、生活費が必要だからって本業で会社員として働きながら活動している私とは、マジで本当に格が違う。

本当にぶっちゃけた話、ニコニコ動画出身の方々に対して私は、
何か特別な訓練や指導を受けたわけでもなくて元は私と同じ一般人だったわけで、
私は社畜として培ってきた能力や経験があるんだから、そこにゲーム実況を混ぜることで少しでも追いつく!みたいな、
いつかは追いつける時も来るはず!!みたいな、
そんな風に思ってたんですけど、
いやこれマジでやべえわ。無理だ。マジで。

やっぱり歴の長さって簡単に埋まるものじゃないし、
(そもそも私は年数だけ重なっているだけで活動が全然できていなかった時期が長いし、)
ニコニコ動画出身の方々で、しっかり花が開いて活躍している方々は
やっぱり自分の気持ちとか武器とか、ファンの需要とか気持ちとか、
しっかりと考えながら前に進められるからこそ今があるんだなぁ
と強く感じました。

今年は数撃ちながら進化できる年にしたい

やっぱりこういうすごい人たちに触れて、あれこれ考えると良い刺激を得られるなぁと思うわけですけども、(私の妄想でしかない可能性があるけど……)
今年はとにかく動画を上げたい、配信したいみたいな、数を撃つことを目標にしていたところを
「数を撃ちながら進化したい」に、少し変えようかなと思います。

どう進化するか、どうしていくかというのは割と何個か考えているところですけど、
実際思い通りの進化ができるかはわかりません。
ぶっちゃけ、相当ハードルが高いことを考えています。
ただ、やっぱり私も
ニコニコ動画出身のすごい方々のように躍進していきたいと思うので、
「まぁゲーム実況動画で、テンション高く喋り続けられる俺ってすごいよね」みたいな
そんな低いレベルのところで満足したくはなくて、
少しでも面白いものをお届けできるように頑張っていきたいです。
仕事を辞めて(転職して)この活動に時間をかけられるようになったからこそ、
色々と頑張っていきます。

自分の気持ちとか武器とか考えながら、そこを強化するような進化をしたいです。

というわけで、今回もまた、すごい人を観察しながら自分の矮小さを考える話でした。

では、また。

お読みいただきありがとうございます!感想を以下のボタンで教えてください!!
  • 面白かった (0)
  • 役立ったかも (0)

コメント

タイトルとURLをコピーしました