VTuberってやっぱすげぇなって思った話

スポンサーリンク

私はYouTube等の動画投稿サイト、配信サイトでゲーム実況をやっている者で、
はつみ と申します。

以前に、私はVTuberに絶対勝てないって記事を書いたのですが、↓↓
改めて「やっぱすげぇわ。これ勝てん」って思った話を書いていきたいと思います。

結論としてはこちら↓

  • VTuberの方々の配信や動画は、色々な「刺激」を感じることができる。
  • ゲーム実況をするだけって、どこかで限界があるなぁと感じる。

前回の記事もそうですけど、今回の記事もただの私の感想なので、
「たしかにね」とか「それは違う」とか、
私と同じようにゲーム実況をされている方にとって、何かの役に立てば幸いです。

では、いきましょう。

開始1分で「うわ、これマジで勝てんやべぇわ」って思った

正直な話、VTuberの方々の動画や配信は完全に私の住む世界とは別物だと思っていて、
今までそこまで拝見することはありませんでした。
バックボーンの会社やら付いているスタッフやらお金やら、
配信で共演できる人やらコネやらがそもそも違う世界の人たちなんだから、
あまり参考にすることもないかなって勝手に線を引いてました。

そんな中で、YouTubeのオススメに上がってきたこの方の配信を拝見して、
考えが更に深まった気がしました。↓↓

宝鐘マリンさんのライブ配信

開始1分で「あ、これやべぇわマジで勝てねえ」って本気で思って笑っちゃいました。

まず最初のライブ配信の準備段階でね。↓↓
自分の歌が流れて、画面中央から左にかけて大きくドット絵のアニメが流れて、
右下に短い尺のアニメも別で流れていて、右上にファン用のグッズの紹介も流れているんですけど、
いや、この時点でどれだけ見てる人を楽しませる要素で溢れてんのよ
って思って、笑っちゃいました。全部クオリティ高いし。
開幕前のワクワク感が生まれてくるような仕組みになってます。

で、いざ開幕してみれば
可愛い女の子がキャッキャしながらゲームしてる姿を拝めるようなショーが見れるわけじゃないですか。
ぶっちゃけ遊園地かよって思いました。
楽しめるポイントというか、視聴者が見ていて得られる刺激が多すぎて。

一方これが私の場合、配信が始まればゲーム画面がバンと映されて
「皆様こんにちは初めまして」とか言って挨拶してゲームやって喋るくらいですよ。↓↓
仮に準備画面を私も作ったとしても、何のワクワク感も引き出せない気がします。
改めてこうして比較すると、私ってサムネも配信内容もしょっぱいな。恥ずかしいわ。

私(はつみ)の配信

っていうか、話が逸れますけど宝鐘マリンさんヤバいなって思います。
見た目可愛いし、中身可愛いし、エロいし、ノリ良くて面白いし、
実は中身30歳くらい(らしい)なところのギャップとか、
あと何より、視聴者を楽しませようと考えてる姿がよく見られるところとか、
楽しませようと一生懸命な姿を隠さないところとか、
視聴者に応援させるポイントが盛りだくさんすぎて、私的にちょっと激推しVTuberかも。
私的に、ディズニーでいったらミッキーみたいな存在かも。マジで。
インターネット上の噂レベルの話ですけど、
やっぱニコニコ動画出身のベテラン勢(中身の話)はちげぇなって思います。

ゲーム実況って「量産型」の域を出るのが難しい気がしてきた

※めちゃくちゃ脱線したように見える話を、この章ではしたいと思います。

今更何言ってんのって思われるかもしれませんが、
ぶっちゃけ「ゲーム実況」っていうジャンルというかモノ自体、やったとしても
量産型ゲーム実況者の域を出ることが本当に難しくなってきている気がします。年々。

例えば最近新しく建ちがちなラーメン屋って、
多くのお客さんにとって、そもそも美味しくなければ「もう行かないよね」ってなると思いますし、
仮に美味しかったとしても「まぁ美味しいよね」くらいのレベルだと
よくあるラーメン屋の1つで終わると思うんですよね。「次行くかな…どうかな…」みたいな。
それが、例えば周りにラーメン屋があまりない状況みたいな、立地的に良い感じだと
「まぁ美味しいよね」レベルでもお客さんは来ると思うんですけど、
周りにラーメン屋が軒を連ねる状態だとすれば
「あ、やばい美味いわここやべぇ」って思われたり、「この味がクセになる!」みたいなレベルじゃないと
なかなか多くのお客さんを引き付けることって難しいと思います。
ラーメン屋って、チャーハンとかチャーシュー丼とかサイドメニューの選択肢があるとは言え、
基本的にはラーメン一本で勝負する店だし。もう美味いラーメン屋ってありふれてきてますからね。

で、ゲーム実況はさらにそんな程度を超えている状態といいますか、
ラーメン屋と違って立地とかで後押ししてくれる要素は1つも無く、
検索すれば一瞬で有名実況者から何から自分以外のゲーム実況がボコボコ出てくるんですよね。

だから、ラーメンと言えど醤油だの味噌だの鶏だの魚介だの豚骨だの色々あって
「ウチは魚介!」「ウチは豚骨!!」って近隣店舗と被らないよう店を建てるように、
ゲーム実況と言えど、扱うゲームのジャンルが色々あるから、
例えば「攻略動画、解説動画とか、クソゲー、バグの紹介は需要がしっかりあるよね」とか、
「マイナーなゲーム(Steamのゲーム、フリーゲームとか)は供給(ライバル)が少ないよね」とか、
実況をやるにしても「レトロゲーは、地声よりもゆっくりの方がウケがいいよね」とか、
扱うジャンルとか動画の作り出し方によって量産型ゲーム実況者を脱出していくわけなんですけど……
たぶん今私が紹介した道の先にあるものは、
ニコニコ動画出身者とかVTuberの方々がいるステージではない気がします。

その「動画」が見られているのか、
動画ではなく「人」が見られているのかの違いがあるように思えます。

「そんなもの最初から目指してねえよ」っていう方は全然関係ない話だと思いますけど、
ぶっちゃけ私は、進みたい道的にそっちなんですよ。
ニコニコ動画出身者とかVTuberの方々レベルで人気が出るのは
自分の器とか技量的に無理だろうなと思ってるんですけど、
でも、目指したい方向的にはそっちなんですよね。私は。

マジで個人的な感覚なんですけども。
今でこそよくある魚介豚骨系のラーメンだのつけ麺だのって
「またお前か系」略して「またおま系」って言うらしいんですよ。
そんな「またおま系」が流行った当初に人気を博したラーメン屋は
「日本で初めてつけ麺を出した店」とか「元祖」とか確固たる地位を築いて
昔ながらのファンに加えて新たなファンを獲得していて、
一方で、その辺の最近できた店で「またおま系」のラーメンとかつけ麺を出すと、
生半可なものじゃ「……まぁこれ食べるなら〇〇でいいよね」ってなっちゃうんですよね。
ありふれすぎてるし、もう「〇〇でいいよね」ってなる人気店がそこら中にあるから。
ニコニコ動画出身で有名なゲーム実況者の方々って、それに近いところがあると私は感じていて、
昔から面白さを発揮して頑張り続けているからこそ、
「まぁこの動画を見るなら〇〇でいいか」の地位を築いちゃってて、
ある種ブランド化してるんですよね。「人」そのものが。

だからこそ、今の私がやっているゲーム実況の配信とかって
完全に「またおま系」だと思ってます。

「まぁこの動画を見るなら〇〇でいいか」って思われちゃう、悪い意味のね。
配信が始まれば、ゲームをプレイしながらペラペラ喋るだけだし。

VTuberの方々がやってることは、私の理想だと思う

ここでVTuberの方々のお話に戻るんですけど、
この人たちってゲーム実況の配信1つの中にも楽しませる要素が散りばめられてるし、
他にも歌を歌ったりダンスを踊ったりアニメ作ったり、
他のVTuberとキャッキャしてたり、グラフィックを変えて盛り上がれたり、
ファンが薄い本ならぬ同人誌を作って二次創作で盛り上がることもできるわけで、
VTuberという「人」を中心にして、アレでもコレでも楽しめるっていう状態になっていると私は思っていて、
だから、もはやラーメン屋でラーメンを出すどころか
面白くて可愛い「人」がラーメンも作るし寿司も握るし和洋中何でもいけるし
他店舗とコラボもするし、何なら料理に拘らずアナタを楽しませますよみたいなことを
やり出してるように感じます。無敵かよ。

一方で私は、またおま系のラーメン一本を提供し続けていて、
「まぁ…俺はお前の作るもの好きだよ」って思っていただける人がやって来て、
ファンになってくれればラッキーみたいな状況なわけです。こう書くと終わってんな私って。

私のYouTubeのチャンネル名を「はつみentertainment」としているのは、
ゲーム実況動画にこだわらず、色々な「面白いもの」を作って
視聴者の方に楽しんでいただければ幸いという想いがあって、
だから「Games」とかじゃなく「entertainment」としているわけなんですね。

ゲーム実況動画を作ることは好きなので止めることは無いなぁと思っていて、
当然、ゲーム実況の動画や配信の面白さをもっと磨きたいと思っているんですけども、
それ以外の動画を作るとか、ゲーム実況の動画や配信の中にも、色々と楽しめる要素(刺激)を
散りばめるというところは、どんどん真似していきたいなぁと思います。

ニコニコ動画出身の有名ゲーム実況者の方々も、
(どう考えてるか真意はわかりませんけど)アニメを作ったりとか、実写の動画を撮ったりとか
ゲーム実況に拘らず動画を作り出したり、配信したりしていますよね。
たぶん、そういうところがまた「人」のブランド化を確立させる要因なんだろうなと思います。

……にしても、何度も言うけどやっぱVTuberすげぇわ。ぱねぇ。
こんなに人を退屈させない刺激を提供し続けられるのは、すごい。
「金があるから」とか「スタッフがいるから」とか、
もちろん私みたいな無名の個人じゃ敵わない要因もあると思うんですけど、
それだけじゃなくて、演者の人も視聴者を楽しませようと努力してる意気込みが伝わります。
私はTwitchの配信とか特にガス抜きの手抜きだから。10円くらいの麺買って、湯でほぐしただけみたいな。敵いません。尊敬してます。

というわけで、改めてすごい存在を見て「それに比べて自分は……」と感じたみたいな話でした。

では、また。

お読みいただきありがとうございます!感想を以下のボタンで教えてください!!
  • 面白かった (0)
  • 役立ったかも (0)

コメント

タイトルとURLをコピーしました