超有名なVTuberたちに、私は絶対勝てない

スポンサーリンク

私はYouTube等の動画投稿サイト、配信サイトで
ゲーム実況をやっている者で、
はつみ と申します。

今回は、YouTubeのオススメに上がってきた動画を拝見したら
「いや、こんなんもう絶対VTuberに敵わんわ」って思ったっていう話を
つらつらと書いていきます。

結論としてはこちら↓

  • テレビレベルのものを定期的にファンへ提供している。
  • 立てられ押し出されているキャラクターが可愛いし印象深い。
  • 私みたいなおっさんが1人で頑張り続けても、一生そのレベルにまで辿り着けれない…

私と同じようにゲーム実況をされている方にとって、何かの役に立てば幸いです。

では、いきましょう。

チームでVTuberを立てて、ファンを引き込んでいるんだなぁと思う

今回、私が改めてそう思うに至った動画ですけれども……

↑こちらの切り抜き動画が、たまたまYouTubeのオススメに上がってきまして、

はつみ
はつみ

トップを走るVTuberの企画書って、どんなのなんだろう

って興味を持って拝見しました。

私の感想としては、
スタッフが上げてきたという企画書から、
それを見て「兎田ぺこら、動きます」って決意を表明するところも、
全て最後の「全人類兎化計画」という企画まで持っていくためのシナリオなんだろうなと思いました。

……まぁ実際のところはわかりません。
この感想も、これから書く内容も全て私の妄想かもしれません。
元の配信を拝見しているわけでも無いですし、
全人類兎化計画という企画の内容もわかっていません。
でも、私はそう思いまして、それを前提としてこれから書いていきます。

この切り抜き動画のコメント欄を見る感じ、
運営スタッフが無能で適当だから兎田ぺこらさんが動いてくれたとか、
運営スタッフは、本当は仕事ができるけれども
あえて適当に資料を作成して兎田ぺこらさんを煽ったとか、
何にしても、結構本気で
兎田ぺこらさんが「もうこれじゃアカン!私が動く!」って奮い立った
みたいな感じで思ってる方が多いような印象を受けました。

そしてテレビみたいだなと感じました。私は。

昔からテレビでやっていることって
スタッフが企画を考えて、台本を作って、タレントがそれを演じていて、
スタッフやタレントが一丸となって番組を盛り上げていっている作りだと思うんですけど、
それを純粋に「本当のこと」みたいに感じて楽しんでいる人はいますし、
逆に、そういった作りをわかりながら楽しんでいる人もいれば、
変に曲解しながら楽しんでいる人もいます。
何にしても見ている人は、多くの人の手によって作られたクオリティの高いものに引き込まれていて、
だからこそテレビを見て楽しんでいる人が今も昔も多くいるんだと思います。

今回の動画は、兎田ぺこらさんか裏方のスタッフさんかわからないですけど
誰かが考えた企画で、シナリオで、それをチームで磨き上げていって、
そして兎田ぺこらさんが表に立って演じて、全人類兎化計画という企画に持って行っている
という感じだと私は思っていて、
きっと普段からこうしてチーム一丸となって、テレビのようなことを行って
ファンを惹きつけているんだなぁ
と感じました。

しかも、それを毎日。テレビだと週1で放送とかでしょ。
やばくない?

二次元の存在とインターネットを通して交流できるってヤバくない?

前から思ってたんですけど、そもそもトップを走るVTuberの方たちって
見た目がまず可愛くて、リアルに寄せずに非現実感がある
し、
そういった二次元丸出しなキャラクターが自分のコメントを読んでくれたり
自分とやり取りしてくれたりすれば、そりゃ嬉しい
ですよね。

そう、このトップを走るVTuberの方たちの見た目について
前々から思っていたところがありまして、
リアル感が無く、わかりやすく可愛くて、すごく良いと思います。
非現実感があって、本当にアニメのキャラクターみたいだし、マジでしっかり可愛い。
ウサギとか、海賊とか、騎士とか、おっぱいとか、印象に残るポイントも作られているから
記憶しやすいし親しみやすい
です。

例えば私が顔出ししたとして、
こんなおっさんがゲームやってキャッキャしてる姿を見るよりも、
二次元の可愛い女の子とか、男のVTuberのようなイケメンのキャラクターが
キャッキャしてる姿の方が、見てる方は絶対楽しく感じると思います。

それにインターネット上の噂レベルではありますけど、
その中身?前世??もニコニコ動画で昔からバリバリ活動されてファンも集めていた方で、
配信慣れしていて、コミュニケーションも上手に図れる。

いや、見た目も良くて中身も良い二次元キャラクターが
リアルタイムでキャッキャしてるチャンネルって。
そんな存在が自分とやり取りしてくれるチャンネルって。
そしてチームを組んでテレビレベルのものをしっかり制作して、
それが毎日提供されるチャンネルって。

無敵やん。マジで。

一切敵うところが無いけども、何か私も吸収できるだろうか

まず私は動画なり配信の企画を全部1人で考えていますし、
考えた後に相談する相手もいません。何なら友達もいません。
録画も編集も全て1人でやっていて、配信も私1人でやっています。

仕事でも何でもそうですけど、1人でやるより複数人で動いた方が、
スピードもクオリティも、普通は上がるものです。
もうその時点で私は負けています。
対抗するためには私もチームを組む必要がありますけど、
私にそのような知り合いはいませんし、お金もありません。
私に誰か人が寄ってくるほどのメリットも、私にはありません。

更に、トップのVTuberの方々が作り出すものはテレビレベルで、
それが可愛いもしくはカッコイイ二次元キャラクターから
毎日提供されてくる……

クオリティの高いものを毎日提供って、むちゃくちゃ難易度が高いですよ。マジで。
ぶっちゃけ、適当にゲームして喋って30分くらいで切って投稿し続ければ
毎日投稿自体はできると思いますけど、
もう今の私はそれを「嫌だ」と思っちゃって、できないです。
別に自分の編集技術とか大したものと思ってないですけど、しっかり作りたいし、
一発撮りのゲーム実況動画を適当に切ってアップロードするなんてやるくらいなら、
もうそれ生配信でいいじゃんって感じに思っています。最近。

……このこだわりが、もうダメなんでしょうかね。
「お前は雑魚なんだから、いいからどんどん投稿しろや」っていう状態なのかもしれないです。

ぐだぐだと弱音ばっかり吐く感じになってしまいました。
じゃあもう私もVTuberになるか?!って感じですね。
割とマジで、今勤めてる会社をクビにでもなったら、
有名VTuber会社のタレントとして応募しようかなって思ってきました。最近。
採用してもらえるのなら。やりたいことも結構明確にあるし。
無理かな。無理か。いやでもワンチャン……

まぁ色々言ってますけども、
今私ができる現実的な吸収ポイントは
安定して、しっかりとコンテンツを供給していくことな気がします。
ちゃんと面白いものをね。
例えレベルが低い志と思われようとも、一番現実的なところだと思います。

というわけで今回は
今超有名なVTuberたちに、私は絶対勝てないという話でした。
情けなくてすんません。
やっぱり子供のころから適当に調子こきながら勉強して部活して、
大学行って最終的に普通に就職したおっさんだと
商売っ気というかマネジメントというか、こういうYouTubeとかの活動について
柔軟な発想とか思考って難しいんですよ。
あんまり良い発想が出てこないし、引き出しも少ないし、
でも昔からテレビとか漫画とかアニメとかは見続けているせいで
目は肥えてるから自分の作ったものに対する変なこだわりを持っちゃうし、
私よりも後にこういう活動を開始して、バンバン追い抜いていく人たちをたくさん見て
すげぇなぁと感心するばかりです。

でも、もう2023年は、いい加減次のステージに行きたいよね。
未だにチャンネル登録者数200人だけど。
そろそろ1,000人のステージに上って「投稿の量もそうだし、質も求められる」段階に進んで
あーだこーだ色々と悩みたいっすわ。
※何かチャンネル登録者数1,000人を超えるとそういう感じになるとか
 聞いたことあったりなかったり。

では、また。

お読みいただきありがとうございます!感想を以下のボタンで教えてください!!
  • 面白かった (0)
  • 役立ったかも (0)

コメント

タイトルとURLをコピーしました