【ゲーム実況】ごめんなさい、完っっッ全にパクりです。

スポンサーリンク

私はYouTube等の動画投稿サイト、配信サイトで
ゲーム実況をやっている者で、
はつみ と申します。

今回は、久しぶりに私がどういう思いでこの動画を作ったのか
書いていきたいと思います。

今回お話しするのは、人生8つ目の作品であるこちら。

PSPの「どこでもいっしょレッツ学校」を元にした動画です。

結論としてはこんな感じ↓

  • ギャグ要素として考えたネタは、完全にパクりです。
  • 5分くらいで締まるように考えました。
  • 3年も経つと人って色々変わるよね。

では、いきましょう。

まずそもそも、これパクりなんです。ごめんなさい。

皆様方は、「東京エンカウント」という番組をご存知でしょうか。
AT-Xという、有料チャンネルで放送中の超人気番組です。
私が大好きな、声優の中村悠一さんと、杉田智和さんが
出演されているバラエティ番組。
ゲームしながら喋っているという、
ゲームセンターCXのような、ゲーム実況が盛んな現代の先駆け的な番組です。

その番組内にて、杉田さんが自分のゲームの持ち込みということで
このゲームを持ってきていました。
杉田さんによって、ゲーム内のキャラクターたちは
下ネタだったり、放送できない言葉だったりを
大量に覚えさせられていました。

もう爆笑しました。私は。
どこでもいっしょシリーズで、例えば
ち○こみたいな可愛げのある下ネタを
覚えさせることは、やったことがありましたけど、
大量に、がっつり下ネタを覚え込ませているというものは
私にとって衝撃でした。

はつみ
はつみ

これ、しれっとやったらダメかな。面白くない?
下ネタを覚えさせてプレイするっていうだけなら、
そこまで変な話じゃないでしょ。

と思って、パクったと。
そういう次第でございます。

実際やってみると、これまた見事にハマったと言いますか、
ゲーム内キャラクターもわかってるんじゃないかというタイミングで
下ネタワードを使ってくれる。
しかも、言葉の使い方だけじゃなくて、
ゲームの中で始まりからオチまで用意してくれているから、
ほぼ垂れ流すだけで、勝手に面白い。

実際にプレイしている時、本当に素で面白かったです。

サクッと気軽に見れるものをイメージしました

動画の方向性が決まって、
その後ゲーム実況を録画して、良い感じに撮れた(と思った)ので、
次はどういう編集をして、どういう動画に仕上げるかということを
考えました。

この頃は「ゲーム実況動画のベストな構成」とか、
そもそもゲーム実況動画って何ぞや」って根本的な部分とか、
企画とかよりも、そこばかり考え始めた頃だったと思います。

前回作ったリモートコントロールダンディの動画は↓
1本20分の長さだったので、
「やっぱサクッと見れる、1本5分くらいの動画が一番だよね」
当初の路線に戻すことを考えました。
20分とか30分とかって、動画として長いと思っていたんですね。
「アニメじゃないんだから」って。
まぁ今でも回りまわって、1本20分とか30分は長いなって思ってますけど。

素人が作る動画で20分30分って、見てて眠いしだるいんですよ。
それくらいの長さにするなら、あまり見なくてもいい内容というか、
とりあえず垂れ流すような形で、楽しめるようなものにすべきだと思います。
今はね。

じゃあ長さは5分くらいにするとして、動画の構成はどうするか。

はつみ
はつみ

とりあえず、下ネタを覚えさせたキャラクターに
めちゃくちゃなことを言わせるネタというのは決まっている。
そして、この時はナレーションのような形で
ゆっくりを導入していたので、前回と同様に
開幕、ゆっくりがゲームの説明をするところから始める。
っていうかこのゲーム、ちょっと触ったけど
授業パートの中で始まりからオチまで勝手に成り立ってね?

……ということで、結構サクサクと自分の中で
動画の構成は決まってしまいました。
割と本当にこんなスピード感で決めて作りましたね。

なので、動画のとおり
開幕はゆっくりがゲームの解説をして、
その後、授業パートを流しながら
キャラクターにめちゃくちゃな下ネタを繰り広げてもらって、
私がツッコミを入れると。
そういう構成になったわけです。
シンプルでベストな感じかなと思っていましたし、
この流れ自体は、今でも悪くないかなと思います。

今見るとどう思う?

まず、
ぶっちゃけ下ネタを繰り広げるっていうネタは
今見返しても面白いと思いますし、(パクりですけど)
ゆっくりを挟むこともまぁ良いかなと思いますし、
1本5分で抑えたことも、非常にいいと思うんですけど、
これ単発ネタだなって思いますね。

part2とpart3を作ってますけど、マジで要らないなと思います。
っていうか、そう思ったからpart3以降作ってないんですけどね。

そして次に、
私の喋りが下手すぎて、もう見てるの辛いです。
この頃の私って声を張ってないから、
編集で思い切りマイクの音量を上げてるんですけど、
音質が悪すぎて聞くに堪えない。
喋りもボソボソ系だし。
そのくせ生意気にツッコミを入れるから
めちゃくちゃ痛々しくて、素材の良さを完全に殺しちゃってますね。
今もう一回作り直したいわこれ。ダメかな。
マジで、しれっともう一回やってやろうかなこれ。
下ネタ学園「はつみ様万歳!!!」へようこそZ とか
下ネタ学園「はつみ様万歳!!!」へようこそオメガ とかにして。

あと編集も無駄なシーンチェンジの効果が多いし、
カットする部分とか、
1つのセリフを表示してる時間とか雑
だし、
1本5分っていう尺に囚われすぎて意味のないシーンがあるし、
絶対コイツ人気出ないし二度と見ないわって感じの動画ですね。

でも、何か楽しんでウキウキと動画を作ってたのを思い出しますし、
そんな感じが伝わってきます。

自分が作った動画だからってヒイキしてますけど、
そういう作り手目線だと、結構良い動画で、何か可愛く思えちゃいますね。
自分が作った動画なんですけどね。

素材の良さを殺しに殺す最底辺の技術力なんですけど、
何か初心の良さを思い出させてくれて、
ちょっと若返りました。
ありがとう、昔の私。もう3年前ってやばいな。

3年も経ってると、考える深さとか広さも当時と比べて全然違うし、
色々本とか何やらかんやら見てガンガン勉強してるから
知識も全然違うし、
かけてる時間も違うから、やってることもどんどん増えてきて
全体的に幅が広がって深みも出てきてる感じがしますね。
自画自賛が過ぎるでしょうか。過ぎるねごめん。
これでフォロワー数とかチャンネル登録者数とかで
結果が出りゃあな。
カッコいいのにね。

割とマジで、実況動画を始めて3年…と半年くらいかな?
今までの人生の中で、ダントツで自ら勉強して、考えて、行動してます。
大学受験とかよりも勉強してるよ。この3年くらい。

それが功を奏してか知らんけど、普段の仕事的なアレ的なソレも
アレの上を走ってるわけで、
それもこれも全部、このゲーム実況動画で身に着けたスキルを
振るいに振るってるからで、
この経験が無かったら、その普段の仕事もアレの上をアレしてないと言いますか、
でもぶっちゃけその状態、私マジで心の底から望んでいなくて、
その道とかクソほどどうでもいいから、
もっとやる気のある、他の意識高い人にその道をあげるから、
私は「一刻も早く帰らせてくれ!家でこの活動をさせてくれ!!」って
本気で思うけど、
この3年、そればかりを望んで
とにかくこのゲーム実況で培ったスキルを振るいに振るって
やることやってキリつけてたから、こうなってしまったわけで……

……私はいったい何を言っているんでしょうか。
まぁ3年も経つと、人って色々変わるよねって話でした。
これから5年10年、この活動を続けていって
またこうやって振り返りたいものですね。

もうマジで、今年、もしくは来年、
日中のアレを辞めるつもりで本気で生きようと思います。

そうしても生きていけるようになって、
この活動に本気も本気で臨んでいきます。
無理ならもう消えて無くなってもいいよ。
無理ならもう、急に体が爆散してくれりゃ良い。そう思う最近。
この活動に、年々時間をかけづらくなってきていて、
この今の私の状況、私の人生ってマジで意味ないなと思う。

そう、だからここにあえて決意表明します。
私普段は生配信でも何でも、
リアルのアレの話ってしないよう努めてるんですけど、
今回はごめんけど、私の決意表明の場にさせてもらいます。
全てはこの活動のために。全ては二次元のために。

では、また。

お読みいただきありがとうございます!感想を以下のボタンで教えてください!!
  • 面白かった (0)
  • 役立ったかも (0)

コメント

タイトルとURLをコピーしました