【YouTube】サムネはウルトラ大事だと、最近になってようやく気づけた話

スポンサーリンク

私はYouTube等の動画投稿サイト、配信サイトでゲーム実況をやっている者で、
はつみ と申します。

前回の記事↓↓で書いたように、私は今まで「どや!俺はおもろいやろ!11」を押し付けてきたような、独りよがりな活動をしていたわけですが、
本当にここ最近になって、「それではいつまでも目標にたどり着けない」ことに気が付いてきました。

そうして自分を見つめ直したわけですが、最近、自分のサムネに関する知識とかノウハウが、一皮剝けて来たんじゃね?とか思い上がってきまして、
今回は、そのことをツラツラと書いていきたいと思います。

  • 字バーンが大事。あと顔。
  • 重要な色は、赤、黄、黒、白。あと暖色。
  • めんどくさくても、お絵かきソフトで作った方がいい。

今回私が書いたことを実際に試されて、
「おい!お前の言うこと真に受けたら大失敗したじゃねーかこのクソハゲ!!」とブチギレる方が出るかもしれません。
そうなったらごめん。私と一緒に、また勉強し直そうや。ね。

……では、いきましょう。

まずは、私のサムネの変異を見て行ってくださいお願いします

まず、インターネット上にアップロードした動画をより多くの人に見てもらうためにサムネが大事ということに気づき始めたのは、このBlaze&Bladeの頃でした。↓↓

とりあえず「Blaze&Bladeの動画だよー」っていうことはこれでわかると思って、
タイトルと、第何本目の動画なのかだけわかるような感じになっています。
ここから、Blaze&Bladeというタイトルの文字の色を変えたりとか、縁取りを付けたり(袋文字にしたり)とかということを試し始めます。
センスの欠片もないね。

グレイトバトルⅤのサムネでも、まだこのレベルから脱することはできていませんでした。
ただ、若干動画の中身がわかるような煽り文を入れているところは評価できるなと自分で思います。
……こう見ると、今よりもポイント「だけ」は掴んでるな私。何でこの方向で進まなかったんや。

で、ここで私はついに1つの極みに辿り着きます。

要は、文字バーンでしょ?
で、注目が集まるように、人の顔がデカデカと付いていると尚良し。VTuberさんのサムネとか、まさにそうじゃん」

そうして作ったサムネがこちら↓↓

色とかフォントのセンスが無さすぎて笑えるけど、これがまぁ私的にバズったバズった。
「ね、そうでしょ?ね??わかってたわかってた」って感じでした。

ここから「大きい文字!顔のワンポイント!!」な組み合わせのサムネが続いていって、
その文字の入れ方も、2重の縁取りにしたりとか微妙に変異していくわけですが、
ある時、1つの変化が生まれました。↓↓

吹き出しのフリー素材を使って、ちょっとキャッチーな方向に走り出したんですね。
今思うと、方向を間違え出したのはここかなと思っています。

こんな感じ↓↓で、本気でクリックされないものを生み出してしまったり、

過去イチ大ヒット作の場外ホームランを打ち出してしまったりしたわけですが、↓↓

YouTubeの活動を復活する2022年末~2023年頭くらいのタイミングで、ちょっと一度思い直しまして、
たぶんこのままの方向性で進んでもスベり続けて良いこと無いから、一度ガラッと方向性を変えよう」と考えました。

ポイントは、文字バーンと、顔です。
そうして生まれたのが、こちら。↓↓

今思うと、これでもまだ文字が「細い」かなと思うわけですが、
再生数も私のチャンネル的に悪くないですし、インプレッションのクリック率も案外良い感じでした。
YouTubeの活動を復活するのにあたり打ち込んだ大振りストレートのつもりで作った作品だったんですけど、
マジでサムネが原因で外したく無さ過ぎて、考えに考えた末に生み出した構図でした。

ゲーム実況は当然「背景の画面(ゲーム画面)」があるわけですけど、
「サムネにするには余計な情報なのかもしれないな」と感じて、
思い切って消して、そこに文字を置いた感じです。
テレビ東京さんの動画とか、こういう構図にされている印象。

この構図はマリオRPGまで続いたのですが、最近のこの動画↓↓を出したタイミングでちょっと止めました。

この動画のサムネは、投稿した後に何回か変えたわけなんですけども、一番最初のサムネはこちら。↓↓

いやこれのクリック率の悪かったこと悪かったこと。0.8%とかでした。
編集した動画でここまで悪いって、過去イチ悪かったのでは??これか、LIVE A LIVEの動画くらいのレベルで、トップでクリック率が悪かったと思います。
「あ、これマジで本気でダメだわ」と思い、変えに変えまくったわけですが、
変えた後のサムネも別に良いわけでもなく、そして投稿後のインプレッションボーナスも終わってしまって、
がんばって作った武蔵伝の動画は、もうおすすめに表示されることが無くなってしまいました。

次に、私が使っていたソフトを聞いてくださいお願いします

忘れもしません。
私はBlaze&Bladeのpart1のサムネを「ペイント」で作りました。あのWindowsのPCに最初から絶対入ってるやつ。
Blaze&Bladeのゲーム画面を1枚撮って、そこにペイントで文字を打ち込んだのです。

そこから少しして縁取り(袋文字)が必須と気づいて、
そうした縁取りの文字をどうしたら作ることができるかを調べたり考えたりした結果、
その時使っていた動画編集ソフトのAviUtlは、縁が付いた文字を作ることができる!ということに気づきまして、
AviUtlで画像やら文字やらをアレコレして、スクショで切り抜いてサムネを作っていました。

何かこの話、3年前くらいの私のブログで書いた気もします。探せば残っているはずです。
恥ずかしいね☆★

そうしてAviUtlでサムネを作る環境がめっちゃめちゃ続いたわけですが、
ガンパレード・マーチの「狩谷で狩谷を倒す」の動画を作るタイミングで、次はPowePointを使ってサムネを作り始めました。あのWindowsのソフトの。
私はリアルのアレソレの関係で、自分のPCの中にPowerPointとかWordとかExcelとかが入っているわけですが、
縁取りの文字くらいならPowerPointでも作れるし、この方が良くね?と思いまして、
PowerPointを使ってサムネを作り始めました。

そこから半年くらい、配信のサムネもPowerPointで作っていたんですけど、
二重の縁取り(例えば赤色の文字の周りを黒色で縁取りして、更にその上を白色で縁取りすること)ができないんですよね。PowerPointって。
AviUtlはできるんですよ。二重だろうが三重だろうができる。
でもPowerPointはできなくって、やろうと思うと文字の右側とか左側とかどこか1方向だけに「影」という形で別の色を差し込む形になる。何でやねん。

これ↑↑とかみたいな感じ。
「AI」の文字は、緑色っぽい青色っぽい文字色の周りを白色で縁取りして、黒色を「影」という形式で付けています。
ちなみにこれはマッッッッジでインプレッションのクリック率が悪くて、おまけに(サムネは関係ないけど)視聴維持率もめっちゃ悪い。
もはや消して供養してやった方が良いんじゃないかと最近考えています。悲しい。

……という感じで、しばらくはそんなスタイルでサムネを作っていたんですが、
「せっかく作った動画を、サムネのせいで終わりにしたくない」と
マリオRPGの動画の時に思いまして、次はCanvaというサイトに手を出しました。

何でCanvaを使い始めたかと言うと、ここはテンプレートが山のようにあって、
そこで落とし込みやすいテンプレートを探して、選んで、それを基にしてサムネを作ることができるから
です。
そしてフォントもたくさんあって、文字は二重の縁取りもできちゃう。
しかも、基本無料。

さっき貼ったこの画像↓↓も、CanvaのホラーテイストなYouTubeサムネのテンプレートを基にして作ったやつです。

ただ、ここで賢いあなたはこう思ったはず。

???
???

え?ぶっちゃけこのレベルなら、さっきのPowerPointと一緒じゃね?

……私も最近になって、ようやくそう思いました。
マリオRPGの時から配信のサムネもCanvaで作っていたんですけど、武蔵伝の動画のサムネを作り終えた時に、ようやく気付きました。

今はどうなのか

まぁ「今」と言うか、本当に最近中の最近の話なんですけども、
直近の動画はこちら↓↓

これ、GIMPという無料のイラストソフトで作っています。

私は「今の自分」を冷静に見れないから、
この動画のサムネを見ると「武蔵伝の時から急激に進化しすぎじゃね???????」って
超自画自賛しちゃいます。

だってこれ、インプレッションのクリック率結構良いんですよ。
マリオRPGにタメ張るくらいの勢いで、再生数のスタートダッシュが切れています。今のところ。
まぁこの記事をご覧になっている頃は、YouTube先生のインプレッションボーナスも終わっているでしょうけど……

何で急にGIMPを使っていだしたかと言いますと、こちらを拝見したからです。↓↓

今回のGBA改造の動画をアップロードするにあたり、サムネを色々考えていた中で、
たまたま巡り合ったこの動画。
この動画で月ノ美兎さんは、イラスト系のソフトを使ってサムネを作っているんですけど、
単純に画像を用意して、文字を入れ込むだけではなくて、
直線ツールで線を引いたり、パーツを合成してコラってたりする作業をされているのを見て、
「あ、そうか。私は今まで単純にゲーム内の画面をキャプチャーして、その画像に文字をハメ込むという作り方をしていたけど、1つのイラストと考えれば、色を塗ったり線を引いたりするのも当然ありなのか」とか思った
り、
あとは「そういえば文字色をグラデーションにするのってよく見るけど、やっぱこっちの方が基本的に目に留まるのかな」とか思ったりしました。

今まで自分で絵を描いたり、吹き出しを付けたり、集中線を付けたりとかしてサムネを作ってたこともあるくせに、何で気づかなかったんでしょうね。こんなことに。
そうした手法を取ろうとするとイラスト系のソフトを使った方が絶対に良いなぁと思いまして、
GIMPという無料のイラストソフトをPCにインストールしまして、それで作ってみた
次第という感じです。

話が逸れますけど、月ノ美兎さんマジで好きです。私がなりたい姿、やりたい事の先にいる人の1人です。
私の理想のスタイルすぎて、たぶん私はこのまま走り続けたら、どんどんやってる事が似てくると思います。好き。

というわけで、そんなこんなでサムネを作るわけなんですけども、
文字の大きさをできる限り大きくするとして、ちょっと文字の色を試行錯誤しました。
最初に作り上げて、投稿したサムネがこちら。↓↓

投稿して最初数時間くらいこのサムネだったんですけど、
このサムネの時の、インプレッションのクリック率は、マジでやばかったです。低すぎて。

「あ、これやばい。マジでやばいやばい!どうにかしないと!!」と思って作ったのが、今のサムネ。↓↓

確か美輪明宏さんがおっしゃってたこと(違ったら本当にすみません)で、
白色を明るく感じさせるためには、周りにくすんだ白色(黄色っぽいものでも可)を置くと、より白く明るく見えるというお言葉がたしかあって、たしか、たぶん、
それを思い出して、GBAの画面の白さ・明るさを際立たせるために、GBAの周りを黄色のエアブラシで塗っているんですけど、
右上に置いたものの超浮いていた、素人が工作やってる感を出すための、いらすとやさんの絵もエアブラシで囲って、一体感を出しました。
出てるかな?あんまり意味ない??

で、文字色も変えました。
初心者が下っっっ手クソな工作をした感を出したくて、
最初は「工作初心者が」という文字色を少し暗くしていたんですけど、
「もうそういう素人の想いとか、どうでもいいねん。お前が下手くそなのは、そういうところや」と思って、
暖色系の色でバーーーーンッと目立たせました。

ついでに、「改造」という文字も統一感を出すために、同じ色に塗り替えました。

これが原因なのか、たまたまなのか、
……いや、やっぱりこのサムネを修正したことが功を奏したんだと思うんですけど、
クリック率がめっっっちゃ上がりました。

そしてその勢いで、YouTube先生が「あ、この動画もっと推しだしたら再生数稼げるんじゃないの」と勘違いしてくれて、今おすすめに表示してくれています。

だから、私は
やっぱ文字色は、「赤、黄、黒、白、もしくは暖色」が、「目立つ」というシンプルな点でベストだなと思いますし、
二重縁取りは必須で、
文字色はグラデーションが結構効くなと思っています。今は。

そして、こういった作業をしようと思うと、ペイントツール系のソフトでサムネを作るのが良い感じだなって思います。今は。
そこそこ時間が掛かりましたけどね。作るのに。

3年前の私が「AviUtlでサムネを作っています。なぜなら~」ってドヤ顔で語っていたように、
また3年後には、私の意見はガラッと変わっているかもしれません。
一周回ってまた「AviUtlでサムネを作っています。なぜなら~~」とか言い出したらどうしよう……

なので、みんなあまり真に受けずに、情報の1つとして捉えてください。頼むぞ。

というわけで、今回はこんな感じのお話でした。↓↓

  • 字バーンが大事。あと顔。
  • 重要な色は、赤、黄、黒、白。あと暖色。
  • めんどくさくても、お絵かきソフトで作った方がいい。

マジで1にサムネ2にサムネ、3、4もサムネ、5にサムネという感じですね。YouTubeは。
ここに、またクリックさせたくなるようなワードとか入れることも重要なんでしょうね。
エロい言葉とか。エロい絵とか。
「衝撃の展開に!」みたいなマーケティング的な言葉とか。

マーケティングの勉強はそこそこやっているつもりなんですけど、私のチャンネルにどう落とし込めばいいのか、未だに私はわかりません。
マジでYouTubeショートとかもそうでしたけど、何に関しても、いっつも私は最初こうなる。
バカでごめん、みんな。

では、また。

お読みいただきありがとうございます!感想を以下のボタンで教えてください!!
  • 面白かった (0)
  • 役立ったかも (0)

コメント

タイトルとURLをコピーしました