【ゲーム実況動画の構成】高速テンポな動画を作って失敗しました

スポンサーリンク

私はYouTube等の動画投稿サイト、配信サイトで
ゲーム実況をやっている者で、
はつみ と申します。

今回は、ゲーム実況の動画を作る上で、
動画の構成と言うか、もっと言うと動画のテンポについて、
昔思っていたことと、今思うことを書いてみました。

結論としてはこちら↓

  • 速いテンポで回す動画は、見てて意味がわからん。ダメ。
  • でも尺とか内容を工夫しないと、見ていて眠くなる。
  • できる限り長くならない尺で、ゆっくり進めるのが一番良い気がしてきた。

相変わらず、合っているか違っているか、よくわかりませんが、
今回の話をご覧になった方が、
「このオッサンの言っていることは間違っている(合っている)
 なぜなら~~
 じゃあ自分はこうしよう」という感じで
何か考えのきっかけになってくだされば、幸いです。

では、いきましょう。

一時期、私が目指していた動画はこんな感じだった

一時期の私というか、ついこの間までの私は、
私が作るゲーム実況動画について、
とにかくテンポを速く、そして無駄なシーンや喋りが無く、
ジャブを繰り出し続けるような、
そんな高速テンポな動画こそ良いものと思っていました。

なぜなら、よくある
ダラダラとゲームしている様子を
垂れ流しているだけのゲーム実況動画
は、
ありふれてるし、別に私じゃなくていいし、
もはや視聴していて眠いだけのもので、
私みたいな無名のおっさんがそれをやっても、何の価値もないからです。
退屈な動画だけれども、作業用BGMとして垂れ流してもらえれば~
みたいな動画を、今の私が作ってもしょうがないんですよね。

そこで思いついたのが、高速テンポな動画。
スパパパパンパンと高速で動画を進めることによって、
小笑いみたいなものを次々と生み出し、
退屈にボーっと眺める時間を極力無くし、
そうした動画を積み重ねていくことで
「まぁはつみってやつ、そこそこ面白いな」みたいな
イメージを持たせることを狙いとしていました。
マイナスなイメージを極力減らすという狙いです。

そういう狙いで作った動画としては、こんな感じ↓

聖剣伝説3 サンプル動画

…この聖剣伝説3シリーズ、
もう本当に悩みに悩みながら作っていました。
結局作るのを頓挫してしまい、
ついにはYouTubeに上げていたものを全て消してしまいました。
↑これは、そうしてYouTubeに上げていた動画のデータから、
冒頭1分くらい切り抜いて、このサイトに再アップロードしています。

いや、今見ると本気でひどいわこれ。
よくこんなものを「良い」と思って作ってたなと思う。

この聖剣伝説3の動画シリーズですけど、
第1回目、第2回目あたりは、こんなんじゃなかったんですよ。
解説をメインにやっていくつもりで、キレイな作りを目指して
制作していたつもりでした。
これでまた更に登録者数が増えて、
楽しんでくれる人も増えると思って、ワクワクしていました。

しかし、かなりの力作として作ったつもりだったのに、
一向に再生されませんでした。
そこで、某匿名掲示板に晒して、何がダメか聞いてみたんですけど……
いただいた言葉で、一番心に残っているのは
「小ぎれいすぎて、個性がない」という旨の書き込みです。

もうめっちゃ悩みました。「個性って何?」って。
ぶっちゃけ今でも悩んでいるかもしれません。
何となく見出しつつあるかなって感じですけど。最近は。

そこで私は、なお一層、色々と動画の構成を考えたんですよ。
喋りはもう既に個性ありまくりやろがい!と。
もう動画の構成を考えて開拓することこそが、
私の新たな個性になり得るものやろがい!!と。
構成だけに個性とかそういう話ではなく。

そうして、
「1本30分という長さは長いんじゃないか」とか、
「もっと退屈させないよう、スピード感を上げた方がいいんじゃないか」とか、
考えて作り上げていった手法が、↑こうした動画。
この構成の動画を作る者こそが、私だ。
それこそ個性だと思い始めたのです。

もう既に録音していた自分の声は、無かったものにして、
アフレコで新たに私の声を吹き込みました。
だからこんな棒読みだし、早口なんだね。

まぁそうこうして作り上げた動画はこんな感じで、
結果は見ての通りです。
シーンを飛ばしすぎて、見てて意味がわからん。
そもそも小笑いのジャブとか言ってるけど、
笑いどころどこだよっていうね。

じゃあ今は?

ついさっき、上げたばかりの動画がこんな感じ↓

YouTube トロンにコブン

喋りの間の「あー」とか「えー」っていう言葉とか、
「いらんだろこの喋り」っていう部分も、あまりカットしていません。
いらないシーン自体は無いつもりですけど、1つ1つのシーンが
ゆとりを持ったような感じにしています。

こっちの方が見やすいと思うんですよね。どう?
もはや聖剣伝説3の動画って、
「いらないもの」を削ぎ落しすぎて、骨しかないし、
肉抜きしすぎたミニ四駆みたいな感じになってますよね。

そりゃコースから吹っ飛んで消えますよ。
レースにすらならない。

聖剣伝説3のシリーズも、今回の動画も、
「見ていて退屈させないように」、「楽しんでもらえるように」と
思って考えたのは大体同じなんですけど、
見ていてダラけないように、所々で
シーンチェンジを入れたり、効果音を入れたり、
なるべく笑いどころを作るよう喋りを工夫するようにして、
方向性をガラッと変えたんですね。

しかし、これで尺が20分超え。
20分超える動画って、やっぱり長いなと思う。これは今でも。
それ以上の尺のゲーム実況動画は、正直に言うと、
見ていて眠くなることが多いです。
ゲーム実況動画って、言うほどそんな中身無いしね。
これ以上長いなら、もう配信を作業用BGMとして流すくらいでいいじゃんって思います。

なんなら、私の視聴者層って、私と同年代の男の人が多いから、
10分代くらいが丁度良いんじゃないのかって思ってます。今は。

でも、視聴者さんの中で「いや30分くらいでちょうどいいよ」って言う人もいたので、
適正な尺の長さは、悩みどころです。本当によくわかりません。
私はアニメだろうがYouTubeの動画だろうが、
もう10年近く倍速視聴マンだから、
倍速で10分くらい=元の動画の尺として20分くらいまでが
ちょうど良く感じます。
最近増えてるらしいですしね、倍速視聴マン。
ニュースになるくらい、倍速視聴マン増えてるんだって驚きました。

まぁ倍速だろうが何だろうが、10分~20分くらいの尺で
これからも作っていきたいなと思います。
もしくは、可能なら5分~10分。
ただ、少なくともゲーム実況動画で5分~10分だと、
1発ネタみたいな動画しか作れない気もします。それもアリなんですけどね。
そうなるとクセが強くなりすぎて、これまた視聴されづらいんですよね。

ひとまず今は、10分~20分くらいの尺で、
視聴者を退屈させないよう要素を盛り込みながら、
動画を作るのがベストなのかなぁと思っています。
喋りとか動画のテンポも速くしないで、
できるだけゆっくりめの方がいい気がしています。

まとめ

結論としてはこちら↓

  • 速いテンポで回す動画は、見てて意味がわからん。ダメ。
  • でも尺とか内容を工夫しないと、見ていて眠くなる。
  • できる限り長くならない尺で、ゆっくり進めるのが一番良い気がしてきた。

しかしこれ、書いていて思ったんですけど、
私のこの新しい動画のテンポ、ゆっくりですよね?
ゆっくりじゃない?マジ?

当時は良いと本気で思っていたものも、
今見ると全然良くないように思えるんだから、
私の作り立てホヤホヤな動画も、来年くらいに見直したら
全然良くないように見えるかもしれません。
それがまた面白い。やめられねえや。

というわけで、私が昔思っていた、そして今思う
ベストな動画の構成というか、動画のテンポの話でした。

では、また。

お読みいただきありがとうございます!感想を以下のボタンで教えてください!!
  • 面白かった (0)
  • 役立ったかも (0)

コメント

タイトルとURLをコピーしました