AviUtl と VEGAS Pro の感想 【Vegas Pro編】

スポンサーリンク

前回の記事で、AviUtlの使用感と言いますか、感想を書きました。
今回は、VEGAS Proの感想を書いていこうと思います。

一応、もう一度言いますが、
私の予想とか主観がいつも以上に多く含まれていますので、
いつも以上に参考程度に見ていただければ幸いです。

VEGAS Proの良いところ

めっちゃくちゃ軽いです。マジで軽い。
個人的には、とにかくこれに尽きます。

当たり前ですが、VEGAS Proのような編集ソフトを立ち上げる時って
動画を作ろう!と思って立ち上げるわけで、
その動画の編集を行う時に、いちいち重くて固まってたら
イライラしますよね。そりゃね。
人間にとって一番大事なものは
時間なんだよおおぉぉーーーーーーっっッッ!!!!!

みたいなね。なりますよ。

その点このVEGAS Proは、編集中に固まることも特に無いですし、
おまけにエンコード(ある動画ファイルを、
切ったり貼ったり編集した上で、
新たな動画ファイルとして生み出す動作のこと)
もめっちゃ速い。何で速いかって
グラフィックボードの力を使ってエンコードできるから
なんですね。
AviUtlだと、これができなかった。って言うか、できるって知らなかった。
※機能を拡張すればできるみたいですね。
 VEGAS Proに移ってから知りました。ごめんねAviUtl。
 君の力を引き出せなかった。

このグラフィックボードの力を使ってエンコードすることで、
エンコードにかかる時間が大幅に短縮されるというのはつまり、
グラフィックボードが無いPCを使っている場合は、
その恩恵を受けることができないので注意ですね。

VEGAS Proのしんどいところ

操作感がイマイチ。これに尽きます。

別に私はどこの回し者でも無いので、
正直に言いますが、
AviUtlからVEGAS Proに移ると、
マジで操作感が悪く感じます。
特にテキストや画像ファイルの差し込み辺り。
AviUtlでは、例えば画像ファイルを挿し込もうとすれば
画像をドラッグする(左クリック押しっぱなしにして動かす)ことができるのですが、
VEGAS Proはそれができない。じゃあどうするのかと言うと……

こんな感じ。かなりめんどくさい。

あとテキストは、二重縁取りができません。
どうしてもやるのであれば、テキストを
2個重ねるしかないです。たぶんね。

この「たぶんね」という言い回しも意図があると言いますか、
発展させたい話がありましてですね。
そもそもこのVEGAS Proというソフトの使い方が、
イマイチよくわからないんですよね。

なんかこのソフトを買った時に
「これを見ればVEGAS Proがわかる!」みたいな
操作説明の動画が添付されていたんですけど、
ぶっちゃけて言うと、笑っちゃうくらいよくわからなかったです。
「子供でもわかるように、簡単な言葉を使って説明します」って
動画内で言われていたんですけど、
「例えるならこれは、まな板です」みたいな
簡単な単語を選んでいるだけで説明がそんなにわかりやすくない。
見終わった後に「あぁ…まぁやってみるか」って感じになりました。私はね。

あとAviUtlは、わからないところがあれば
ググればそれなりに出てくるものなのですが、
VEGAS Proに関してはマジでぜんっぜん出てこない。
本当に困ります。解決方法が見当たらないことが多いです。
探し当てる時間も結構かかると言いますか……
「こういうことがしたいけど、そもそも機能として備わってるの?無いの??」
っていうことでも、
説明書読んでもよくわからないし、(説明書も添付されています)
ググってもよくわからないし……ってなることが多いです。

まぁでも操作感に関しては、
挿し込んだ画像とかの操作感と
テキストの二重縁取りができないこと以外は
慣れてきた感もあるし、別にいいかなって感じです。
人間やっぱり何でも慣れですね。慣れ。

後は料金が高いところですかね。
1回買えば終わりなので、そこは良いと思いますけど…
買おうと思われている方は、ソースネクストさんで
定期的に破格の割引がされるタイミングがやって来ますので、
そのタイミングを狙った方がいいですよ。マジで。

ついでに書きますと、エンコードする時に
その動画の質を色々いじれる場面があるんですけど、
何でVEGAS Proってフレームレートが
30fps、60fpsじゃなくて29.970fpsと59.940fpsなんだろうって思います。
何で30fpsと60fpsは選べないんだろうって。
まぁ別にそれで困ったことは無いので、何でもいいんですが……
私、気になります!!

VEGAS Proの良いところ悪いところ<まとめ>

【良いところ】
 ・動作が軽い
 ・エンコードが速い
【悪いところ】
 ・操作感がイマイチ
 ・わからない事の解決方法が見つかりづらい
 ・高い
  ※たまにソースネクストさんで割引される。

なんか良いところ少なくね?
と思うかもしれませんが、私個人的には
動作が軽くてエンコードが速いことは
それだけで神
です。
だから私は、例え操作感が微妙だなぁと感じていても
VEGAS Proを使うのだ。
Adobeが気になるナーとか思ってもいないぞ!

……まぁAdobeが気になっている私なんですけれども、
月額〇〇円で動画編集ソフトを利用するというのは、
Adobeに変えた時のメリットが明確でないと
手を出しづらいなぁとか思わなくもないです。
なので、Adobeの無料体験で少し触ってみて
良ければ移ろうかと思わなくもない。
ただ、その無料体験期間中に、1つ動画を編集してみることで
試したいなぁと思っているのですが、
それが終わりきらなかった時、ちょっとアレだなーとか思わなくもない……
悩みどころなのです。
もしAdobeに変えたら、また感想を書きます。

話が逸れましたが、私はVEGAS Proも良いソフトだと思っていますよ。
もろちん。いや、もちろん。
時間はマジで大事ですから。そこが良い時点で神様VEGAS様です。

では、また。

お読みいただきありがとうございます!感想を以下のボタンで教えてください!!
  • 面白かった (0)
  • 役立ったかも (0)

コメント

タイトルとURLをコピーしました